• TTC練習日記

    ~練習での出来事や雑感をつづります~

    broken image

    ミサソレ&第九はじめました

    2019.09.28

    9/28は四谷保健センターで、渡部智也先生にご指導いただきました。本番明けで参加が少なめかなと思いきや、ほとんどのメンバーが参加する気合いの入ったベートーヴェン生誕250周年初回練習になりました!

    3/28本番のベートーヴェン作曲「ミサ・ソレムニス 」のキリエを練習をしました。キリエを最後までドレミで音取りしたあと、同じくベートーヴェン作曲交響曲第九番の練習番号Mと男声合唱の部分を復習しました。ベートーヴェンはリズムの取り方、数え方が難しいのですが、丁寧にご指導いただきました!

    また、練習の見学にお越し頂いた皆様、ありがとうございました。早速バスに新しいメンバーを迎えることができ、大変嬉しく思います。

    次回の練習も楽しみです!

    broken image

    9/22メサイアのアンケートで頂いたご感想

    2019.09.22

    2019.09.22に行われた第4回演奏会のお客様アンケートに頂きましたご感想を掲載いたします。お越しくださいました皆様、アンケートにご意見をくださいました皆様、本当にありがとうございました。

    ・各パートの発声や声のつぶがそろっていてききやすかったです。
     合唱曲を断片的に知っていましたが、続けてきくのは(しかもオケ付)初めてでしたのでとてもよい体験になりました
    ・終わった後はこの迫力を間近で聴けてよかったなと思いましたが、やはり箱が少し小さいのでは…
    ・久しぶりに良い演奏会でした
    ・初めて演奏会に来ましたが、本格的な(アマチュアの合唱団とは思えない)合唱でびっくりしました。感動ももちろん全員が揃って練習する時間は少なかったのではと思いますが、指揮者を中心に一体となったすばらしい演奏会でした
    ・合唱には直接関係しませんが、起立、着席がもう少しそろうとすばらしいと思います
    ・感動しました!合唱、オーケストラ、ソリスト、指揮の先生、皆さん素晴らしかったです
    ・ソリスト4人のアンサンブルが新鮮でした。朴さんのHow beautifulとI know、松原さんの全曲、素晴らしく、お二人の発音が美しかった。トランペットの方も素敵でした。最後のアーメン、ティンパニーで盛り上がるところ、よかったです!
    ・トリニティさんの公演は(おそらく)全部聴いてますが、今回は最高でした。(少数精鋭のせい?)響きが美しく、ソプラノの高音もきれいで感心するとともに演奏に「感動」しました。
    ・ソリストさんたちもオケもすばらしく、実に満足……の演奏会でした。
    ・Very Good 70点
    ・コーラス隊の人数が多くとても聞きごたえがありました。アルト(メゾソプラノ?)の方の表現が好きでした。トランペットの方も素晴らしいです。あんなきれいな高音初めて聞きました!
    ・トランペットの方、とてもよかったです
    ・大変すばらしい演奏で感動しました
    ・超大作で聞きごたえがありました
    ・とても素晴らしかったです。心の栄養になりました
    ・合唱団入場の演出は曲にふさわしい、とてもステキでした。合唱の澄んだ響きのある素晴らしい合唱でした。ハレルヤの大合唱、高音の響きが特にすばらしかった。
    ・大曲を見事に演奏され、大成功でした
    ・最初から最後まであきることなく楽しく聴けました。また見に行きたいです。

    broken image

    9/22メサイア、終演いたしました

    2019.09.22

    9/22に行いました東京トリニティコール第九4回演奏会は無事終演致しました。

    お越しくださいましたお客様、出演してくださった指揮の郡司先生、独唱の朴先生、増田先生、松原先生、渡部先生、管弦楽のオラトリオシンフォニカJAPANの皆様、ステージマネージャーおよびレセプショ二ストの皆様、浜離宮朝日ホールスタッフの皆様、応援してくださった全ての皆様に感謝申しあげます。

    ありがとうございました。

    broken image

    アレクサンドルネフスキーのオケ合わせでした

    2019.07.13

    7/13夜はオーケストラダヴァーイ様との練習でした。

    曲目はプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」。

    ソリストの山下先生もいらして、皆で最初から最後まで通しました。

    broken image

    糸川絵美先生の練習でした2

    2019.07.13

    7/12は四谷保健センターで、糸川絵美先生にご指導いただきました。

    8/12本番のプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」と9/22本番のヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。メサイアは"All we like sheep...""Worthy is the Lamb"、第1部の復習、アレクサンドルネフスキーはこのあと夜に行われるオーケストラとの合わせに向けての練習になりました。

    broken image

    糸川絵美先生の練習でした

    2019.07.06

    7/6は雑司が谷地域文化創造館で、糸川絵美先生にご指導いただきました。

    8/12本番のプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」と9/22本番のヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。メサイアは"All we like sheep...""Worthy is the Lamb"、それから第1部の復習、アレクサンドルネフスキーは翌週夜に行われるオーケストラとの合わせに向けての練習になりました。

    broken image

    渡部智也先生の練習でした

    2019.06.29

    6/29は四谷保健センターで、渡部智也先生にご指導いただきました。

    8/12本番のプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」と9/22本番のヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。メサイアは急遽追加になった"All we like sheep..."の音取りと、"Worthy is the Lamb"の復習、アレクサンドルネフスキーは7/13に行われるオーケストラとの合わせに向けての練習になりました。

    次回の練習も楽しみです!

    broken image

    見学の方がお越しになりました

    2019.06.22

    6/22は四谷保健センターで、渡部智也先生にご指導いただきました。

    8/12本番のプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」と

    9/22本番のヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。

    音の確認や歌い方など、丁寧にご指導くださいました。

    見学の方も2名お越しくださいました。
    楽しんでいただけたようでなによりでした!
    和気あいあいとした雰囲気で歌うと、
    気持ちもすっきりしますね。

    次回の練習も楽しみです!

    broken image

    郡司博先生の練習でした

    2019.06.15

    6/15は芸術劇場リハーサル室Lで、郡司博先生にご指導いただきました。

    9/22本番のヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。歌うために必要な子音の発音、息のつなげ方、筋肉の使い方、声帯の機能の仕方や発声時に意識することなど、丁寧にご指導くださいました。

    特に発声は個々の発声を良くするために、一人ひとりピンポイントでご指導くださいました。アドバイス通りに歌うと「さっきと全然違う!こんなに良い声だったの!?」とびっくりするくらい美声になる方もいて、郡司先生から沢山のアドバイスを頂きました。また、歌うために必要な筋肉の使い方や宗教音楽の歴史、取り組み方をじっくりと学ぶことが出来、とても実りのある時間を過ごせました!

    次回の練習も楽しみです!

    broken image

    アレクサンドルネフスキー合同練習でした

    2019.06.08

    6/8は雑司が谷地域文化創造館で、オーケストラダヴァーイ指揮者の森口先生と東京トリニティコールヴォイストレーナー渡部先生にご指導いただきました。

    森口先生にはプロコフィエフ作曲「アレクサンドルネフスキー」を見ていただきました。この日は合同練習で、オーケストラと歌うロシア合唱団の皆様と一緒に練習でした。この曲をオーケストラとともに歌うために必要な声の出し方や子音の出し方など、丁寧にみてくださいました。

    その後、トリニティのメンバーだけでヘンデル作曲「メサイア 」の練習をしました。アレクサンドルネフスキーの重厚な音楽からきらきらしたバロックへ。音楽の旅は楽しいですね。
    来週はメサイアの本番指揮をしてくださる郡司博先生の練習です!

    broken image

    糸川先生の練習でした

    2019.06.01

    6/1は豊洲文化センターで、ヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。

    メサイアの第二部、三部の曲を中心に音取りと、アレクサンドルネフスキーの第3曲、第5曲の音取りしていただきました。

    来週はアレクサンドルネフスキーの本番で指揮を執る森口先生のピアノプローベ。楽しみです!

    broken image

    佐藤先生の練習でした

    2019.05.25

    5/25は芸術劇場シンフォニースペースで、

    アンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生にご指導いただきました。

    参加メンバーが少し少なめでしたが、和気あいあいとした雰囲気で楽しい練習でした。

    メサイアの第二部、三部の曲を中心に音取りと、

    アレクサンドルネフスキーを全曲の復習していただきました。

    来週の練習も楽しみです!

    broken image

    糸川先生の練習でした

    2019.05.18

    5/18は四谷保健センターで、

    ヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。

    メサイアの第二部、三部の曲を中心に音取りと、

    アレクサンドルネフスキーの第3曲、第5曲の音取りしていただきました。

     

    練習の合間に5/3の演奏音源を聴き、

    9月にもお世話になるオーケストラ「オラトリオシンフォニカJAPAN」様の

    演奏のすばらしさに「販売されてるCDみたい!(オケは)」と感動しきりでした。

     

    私達も良い演奏ができるようにがんばります!

    broken image

    郡司博先生の練習でした

    2019.05.11

    5/11は東京芸術劇場シンフォニースペースで、

    9/22メサイアの本番指揮郡司博先生にご指導いただきました。

    5/3のコンサートで発表する曲を中心に練習してきましたが、

    今日から9月の本番に向けて再スタート!ということで、

    郡司先生が2部・3部の曲の発音、音楽についてを

    おおまかに解説してくださいました。


    その後、実際に歌って、各曲の発音とフレージングについて、

    丁寧にご指導してくださいました。

    長くメサイアの指揮をされている郡司先生ならではのご指導で、

    曲全体をつかむことが出来ました!

    broken image

    バロックからロマン派まで珠玉の名曲を贈るコンサート
    終演いたしました!

    2019.05.03

    先日行われました、「バロックからロマン派まで珠玉の名曲を贈るコンサート」、

    無事終演いたしました。

    ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、

    本当にありがとうございました!

     

    ベテランの他合唱団員の皆さまと同じ舞台で歌わせていただき、

    誠に感謝申しあげます。

    素晴らしいオーケストラの皆様とともに、

    メサイアの「ハレルヤコーラス」他を歌えたことも大変光栄に思います。

     

    私達のメサイアの本公演は9/22です!

    ご興味のある方はぜひ一緒に歌いましょう!!!

     

    2019/05/03(金・祝)13:00開場/13:30開演 新宿文化センター大ホール

    ◆J.S.バッハ G線上のアリア
    ◆ヘンデルメサイアより 指揮:渡部智也/賛助出演:東京トリニティーコール
    ◆モーツァルト戴冠ミサ
    独唱:足立歌音、岩石智華子、西山詩苑、原田光 ※今春東京芸術大学卒業の俊英たちによる独唱
    指揮:郡司博/合唱:東京オラトリオ研究会/賛助出演:立川コーラス・アカデミー、コーラス・アカデミーJAPAN
    ◆メンデルスゾーン 合唱曲 おおひばり/op.59より 緑の中に・森への別れ・ナイチンゲール・憩いの谷・狩の歌
    指揮:渡部智也/賛助出演:コール・クランツ
    ◆ヴェルディスターバト・マーテル
    指揮:郡司博/合唱:東京オラトリオ研究会/賛助出演:立川コーラス・アカデミー、新星合唱団
    ◆ヴェルディ黄金の翼に乗って(オペラ ナブッコより)
    ■ハイドン 四季より
    [春]2.春よ、おいで/8.素晴らしい広野の [夏]17.嵐が来る!/18.嵐はおさまった
    [秋]26.聞こえるか!/28.いいぞいいぞ
    [冬]34.くるくる回れ/36.貴族がある村娘を/39.そして大いなる朝
    ◆アンコール:モーツァルト「アヴェヴェルムコルプス」
    合唱:東京オラトリオ研究会、欅の会、NAOコーラスグループ/賛助出演:小平コーラス・アカデミー、向日葵の会、東京ライエンコーア
    独唱:足立歌音、西山詩苑、原田光
    指揮:渡部智也(春)、近藤直子(夏)、郡司博(秋)、内藤裕史(冬)
    ■主催:東京オラトリオ研究会
    ■後援:認定NPO法人おんがくの共同作業場

    broken image

    オーケストラダスビダーニャ様

    第26回定期演奏会が終演いたしました!

    2019.03.03

    先日行われました、オーケストラダスビダーニャ様の演奏会が無事終演いたしました。

    ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、

    本当にありがとうございました!

     

    1,277名のお客様にめぐまれ、素晴らしいオーケストラの皆様とともに、

    ショスタコーヴィチを歌えたことも大変光栄に思います。

    今後ともよろしくお願い申しあげます!

     

    オーケストラダスビダーニャ第26回定期演奏会
    2019年3月3日(日)14:00開演 東京芸術劇場コンサートホール
    指揮 長田雅人(常任指揮者)

    ショスタコーヴィチ
     三部作映画『マクシム』の音楽より 作品50a
     交響曲第2番『十月革命に捧ぐ』
     交響曲第6番

    broken image

    渡部智也先生の練習でした

    2019.01.25

    1/25は雑司が谷地域文化創造館で渡部智也先生にご指導いただきました。
    メサイア は以下の曲を練習しました。
    21.Surely He hath borne our griefs...
    「まことに彼はわれわれの病を負い…」
    25.He trusted in God...
    「彼は主にみをゆだねた…」

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の合同練習へ。先週あったオケ合わせの復習を中心にさらっていただきました。

    今週もオケ合わせがあります。
    楽しみです。

    broken image

    オーケストラダスビダーニャ様との初合わせでした

    2019.01.19

    1/19夜は場所を砂町文化センターに移動して、オーケストラダスビダーニャの皆さまとショスタコーヴィチ交響曲第2番の初合わせでした。
    ダスビの皆さまがとてもあたたかくむかえてくださいました。本当にありがとうございました。
    長田雅人先生がオケと合唱がお互いどこで何をしているのかわかるように、練習番号ごとにわかりやすく区切ってご指導くださいました。

    ピアノの伴奏と違う、オーケストラの楽器の音色に最初は戸惑うこともありましたが、一緒に演奏することに慣れるとそれぞれの音が美しく、心地よい練習になりました。「あ、聴いてたCDと同じだ!」という思いと、実際にオーケストラと歌う楽しさを感じました。

    また、渡部智也先生のご指導で最後にあるシュプレヒコールのロシア語発音をダスビの皆さまと一緒に練習しました。

    来週はまた合唱だけておさらいをして、2/2にまたダスビの皆さまと練習です!楽しみです!

    broken image

    郡司博先生&長田雅人先生の練習でした

    2019.01.19

    1/19は雑司が谷地域文化創造館で9/22メサイアの本番指揮郡司博先生、3/3ショスタコーヴィチ2番の本番指揮長田雅人先生にご指導いただきました。

    今回はじめてメサイアを歌う私たちに、郡司博先生が音楽史のおおまかな流れと、音楽史上におけるメサイアという楽曲の重要性、そして今、私達が取り組む意味をひとつひとつ教えていただきました。
    その後、実際に歌って、各曲の発音とフレージングについて丁寧にご指導してくださいました。会話の発音と歌う発音の違いや、演奏上の発音をより効果的にするテクニックなど、長くメサイアの指揮をされている郡司先生ならではのご指導で、目から鱗が落ちるような体験をすることが出来ました。

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の合同練習へ。先週あった合同練習の内容確認とすり合わせを長田雅人先生が丁寧にご指導くださいました!

    broken image

    のどにうるおいを!

    2019.01.12

    1/12は四谷保健センターでヴォイストレーナー渡部智也先生にご指導いただきました。
    四谷保健センターは加湿機能付きのお部屋なので、乾燥するこの時期の練習はとてもありがたいです。

    今週も多くの見学者をお迎えすることができました!
    お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の曲を音取りしました。
    18.His yoke is easy...
     「彼のくびきは負いやすく…」
    19.Behold the Lamb of God...
     「見よ、世の罪を取り除く神の子羊…」
    渡部先生に歌詞にある「くびき」についてなど、詳しく教えてくださいました。

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    ロシア語の発音を確認して、歌う練習をしました。

    今週も練習が楽しみです!
    メサイアで本番指揮を振ってくださる郡司博先生、ショスタコーヴィチ2番で本番指揮を振ってくださる長田雅人先生がお越しくださいます。

    broken image

    あけましておめでとうございます!

    2019.01.05

    あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願い申しあげます。

     

    1/5は東京芸術劇場でヴォイストレーナー渡部智也先生にご指導いただきました。
    今週も多くの見学者をお迎えすることができました。
    お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の曲を音取りしました。
    11.For unto us a Child is born...
    「ひとりのみどりごがわれわれのために生れた…」
    15.Glory to God in the highest...
    「いと高きところでは、神に栄光があるように…」
    年始から幸福感のあるヘンデルの音楽を感じることが出来ました。

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    まずはドレミで音取り。
    その後はロシア語の発音を練習しました。

    今週も練習が楽しみです!

    broken image

    玉木宏 音楽サスペンス紀行に3/3共演する指揮者長田雅人先生が撮影協力なさっていました

    2019.01.02

    昨晩NHK BSプレミアムで放送された、
    玉木宏 音楽サスペンス紀行 ショスタコーヴィチ 死の街を照らした交響曲第7番
    の撮影協力に、

    3/3にオーケストラダスビダーニャ様定期演奏会で共演させて頂く

    指揮者の長田雅人先生のお名前が!

    私たちは放送された7番より前に作曲された、
    交響曲第ニ番で共演させていただきます!

    https://www.nhk.or.jp/docu…/program/92779/2779263/index.html

    broken image

    第9 ナイン・ストーリーズに郡司博先生が出演なさってました

    2018.12.31

    「第9 ナイン・ストーリーズ」
    【放送予定】12月31日(月)[Eテレ]後7:00~7:55

    来年9月にメサイアを指揮していただく、郡司博先生が出演なさっていました!
    第九にまつわる素晴らしいエピソード、とても勉強になりました。
    再放送があったらぜひ見てみたいです。

    NHKの公式サイトはこちらです!
    ==========================
    「第9 ナイン・ストーリーズ」
    【放送予定】12月31日(月)[Eテレ]後7:00~7:55

    2018年は、日本で初めて「第9」が全曲演奏されてから100年の節目の年。その場所は徳島県、演奏したのは意外な人々でした。ほかにも「なぜ日本人は12月に『第9』を楽しむのか?」「作曲者のベートーベンが『第9』を作曲しながら通った意外な場所とは?」「『第9』の正式名称は?」など、「第9」にまつわるエピソードを9つの物語にし、オムニバス形式で紹介します。
    また、作曲家・加羽沢美濃の解説で、作曲技法の面からも「第9」が世界中で愛され続ける秘密に迫ります。

    【出演】滝藤賢一,片山杜秀,平野昭,加羽沢美濃,クリスティーネ・トーブリッヒ・ロフラー,郡司博,長谷川純子,クリスティーン・トリブニクレフラー,木原節
    ==========================
    http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17103

    broken image

    12/22AMはソプラノレッスン&クリスマス会でした

    サブキャッチ

    12/22の午前中はソプラノのグループレッスンとクリスマスランチ会がありました。

    レッスンではイタリア古楽ご専門の糸川絵美先生から、メリスマを歌うときのテクニックである"Gorgia"を教えて頂きました。早いパッセージで細かく歌うときに有効だそうで、まずは地声で、それから徐々に裏声で練習しました。

    クリスマスランチ会では四ツ谷にあるスペイン料理レストラン ラ・ボケリアで、美味しいお料理をいただきました!昔懐かしいプレゼント交換も行い、チョコレートやスキンケアアイテムを交換しました!

    broken image

    2018年最後の練習でした

    2018.12.22

    12/22は四谷保健センターでヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。
    今週も多くの見学者をお迎えすることができました。


    お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の曲を音取りしました。
    04.And the glory of the Lord shall be revealed...
    「こうして主の栄光があらわれ…
    07.And He shall purify the sons of Levi...
    「彼はレビの子孫を清め…


    歌詞をつけるとより一層ヘンデルの喜びの音楽を感じることが出来ました。

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    歌詞をつけずにドレミで音取り。
    徐々にショスタコーヴィチの音楽に慣れてきて、
    声が良く鳴るようになってきました!

     

    また、ソプラノのメンバーの上下分けを行いました。
    ショスタコーヴィチは最高音がHiC(高いド)なのですが、ほとんどのメンバーが演奏で使えるレベルで出すことが出来ていました。
    高い音を出すことだけがソプラノとしての資質ではないと思いますが、先生方のご指導の賜物ですね。

    どちらもまた年明けに復習いたします。
    練習が楽しみです!

    broken image

    アーメンコーラスまでたどり着きました

    2018.12.08

    12/8でヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の曲を音取りしました。
    47.Amen

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    歌詞をつけずにドレミで音取り。
    ショスタコーヴィチの音楽はとても優雅でロマンティック。単旋律で歌うとわかりにくくても、tuttiで合わせると途端に響きがわかります!

    どちらもまた今週復習いたします。
    練習が楽しみです!

    broken image

    久しぶりに芸術劇場

    2018.12.01

    12/1は芸術劇場リハーサル室Lで、

    アンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生にご指導いただきました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の曲を音取りしました。
    47.Worthy is the Lamb...
    「ほふられた小羊こそは…」

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    歌詞をつけずにドレミで音取り。
    内容とは裏腹に、あまりにロマンチックで美しい旋律にうっとりしました!

    どちらもまた今週復習いたします。
    練習が楽しみです!

    broken image

    午前中はソプラノのグループレッスンでした

    2018.11.24

    先週の午前中は渡部智也先生による
    ソプラノのグループレッスンがありました。
    個別に高い音が出るように見ていただいたり、
    メサイアに出てくるメリスマの基礎的な練習を行いました!

     

    その後、みんなでランチ会。
    奥沢にある老舗のカフェ「アンリーヴル」で
    楽しくお昼をいただきました!

    broken image

    ショスタコーヴィチ交響曲2番が始まりました

    2018.11.24

    11/24は奥沢東地区会館で、

    ヴォイストレーナー渡部智也先生にご指導いただきました。

     

    ヘンデルのメサイアは、以下の2曲を音取りしました。
    39.Hallelujah...
    「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は…」
    41.Since by man came death...
    「それは、死がひとりの人によってきたのだから…」

     

    メサイアをしらない人でも知っている、
    ハレルヤコーラスをみんなで歌い、復習したあと、
    第三部冒頭の”Since by man came death"を音取り。
    クリスマス気分を先取りしました。

     

    その後、ショスタコーヴィチの交響曲2番の練習へ。
    トリニティではロシア語や教会スラヴ語の曲を
    多く取り組んでいますが、すぐに忘れてしまうので、
    またイチからロシア語を基礎から教えていただきました。

    どちらもまた今週復習いたします。
    練習が楽しみです!

    broken image

    4名の方が見学にお越しくださいました

    2018.11.17

    11/17は四谷保健センターでアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生にご指導いただきました。今週も見学の方が4名もお越しくださり、楽しい練習になりました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の2曲を音取りしました。

    21.Surely He hath borne our griefs...
    25.He trusted in God...

    25番はバスから始まるフーガなのですが、バスから始まり、フレーズ終わりのドの音からテノールが5度上で旋律をなぞり、テノールが終わるソの音でアルトが歌いだし、アルトの終わったドのオクターブ上のドからソプラノが始まり……という、「ザ・バロック!」「サ・フーガ!」な正統派なフーガでした。

    バロック音楽を体感するには持ってこいの楽曲でした!

    来週も練習が楽しみです。

    broken image

    3名の方が入団してくださいました

    2018.11.10

    11/10は四谷保健センターでヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。見学の方もたくさんお越しくださり、わいわいにぎやかな練習になりました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の2曲を音取りしました。

    18.His yoke is easy...
    19.Behold the Lamb of God...

    先週歌った1曲はさらっとおさらいしていただきました!
    7.And He shall purify the sons of Levi

    バロック合唱曲といえば、長い装飾音符(メリスマ)がたくさん出てきます。糸川先生は古楽の専門家ですので初歩的なところから優しく教えてくださいました!来週も練習が楽しみです。

    broken image

    たくさんの方が見学にお越しくださいました

    2018.11.03

    11/3は雑司が谷地域創造館でヴォイストレーナー渡部智也先生にご指導いただきました。見学の方も5名お越しくださり、楽しい練習になりました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の2曲を音取りしました。

    11.For unto us a Child is born
    15.Glory to God in the highest

    先週歌った3曲はさらっとおさらいしていただきました!
    4.And the glory of the Lord shall be revealed
    7.And He shall purify the sons of Levi
    8. O thou that tellest good tidings to Zion

    メサイア は歌詞で歌えばもちろんですが、ドレミで歌っても音楽の持つ力を十分に感じられます!これから練習が楽しみです。

    broken image

    メサイアに突入しました

    2018.10.27

    10/27は雑司が谷地域創造館でヴォイストレーナー渡部智也先生にご指導いただきました。第九も終わり新シーズンに突入!見学の方もお越しくださり、楽しい練習になりました。

    ヘンデルのメサイアは、以下の3曲を音取りしました。

    4.And the glory of the Lord shall be revealed
    7.And He shall purify the sons of Levi
    8. O thou that tellest good tidings to Zion

    メサイア はドレミで歌っているにも関わらず、「すごく良いことがあった!嬉しい!」感が曲から伝わってきました!

    これからクリスマスシーズンにぴったりな素敵な曲です!これから練習が楽しみです。

    broken image

    9/22教会コンサート打ち上げの写真

    2018.10.12

    続いて打ち上げの写真も頂きました。

    演奏会後の打ち上げはやはり楽しかったです!

    broken image

    9/22教会コンサートの写真が届きました

    2018.10.12

    9/22に行われました教会コンサートでの写真が届きました。

    歴史ある教会で歌う宗教音楽はコンサートホールとはまた違った感動でした!

    broken image

    四ツ谷の天然たい焼き

    2018.10.06

    10/6の午前中はヴォイストレーナー糸川絵美先生がご指導してくださるソプラノグループレッスンがありました。
    皆で楽しく発声を見て頂いた後、四谷保健センター近くのレストランでランチ会→四谷で有名なわかばさんの天然鯛焼きを食べました。
    いつ食べても美味しいですが、皆で食べるとより美味しいですね!
    午後の練習も頑張れました!
    broken image

    初メサイア練習でした

    2018.10.06

    10/6は四谷保健センターでヴォイストレーナー糸川絵美先生にご指導いただきました。
    ベートーヴェンの第九とヘンデルのメサイアの練習でした。第九は暗譜チェックをするために、通して確認してを繰り返しました。
    ヘンデルのメサイアは初練習!メサイアはたくさんの独唱と合唱から成り立つオラトリオなのですが、初練習曲は一番有名なハレルヤコーラスを丁寧に音取りしていただきました。有名だからこそ、いい加減に覚えたり、曖昧になったりしないようにしたいですね。

    broken image

    教会コンサートが終演いたしました

    2018.09.22

    昨日行われましたコンサートは無事終了いたしました!

    開演前に青空が広がり、満席の大盛況になりました。

    お越しいただきましたお客様、スタッフの皆様、共演させて頂いた皆様、

    神田キリスト教会の皆様、ありがとうございました。

    broken image

    渡部智也先生との練習でした

    2018.09.08

    9/8は芸術劇場シンフォニースペースで渡部智也先生にご指導いただきました。
    午前中は希望者はプライベートレッスンを受けられるのですが、今週はシンフォニースペースを独り占め!とても贅沢な時間になりました。
    午後はベートーヴェンの第九、須賀力也さんのレクイエム、ラフマニノフ晩祷の練習でした。ラフマニノフの晩祷も良い形に仕上がってきました。
    いよいよ9/22は郡司先生、渡部先生の指揮で本番です。とても楽しみです!

    broken image

    郡司博先生にお越しいただきました

    2018.09.01

    9/1は芸術劇場シンフォニースペースで郡司博先生、渡部智也先生にご指導いただきました。
    ベートーヴェンの第九、須賀力也さんのレクイエム、ラフマニノフ晩祷の練習でした。
    新星合唱団や東響コーラスなどのプロオーケストラの公演に出演する合唱団をはじめ、数多の合唱指導なさっていた郡司先生にご指導頂ける幸運を改めて感じた練習でした。
    いよいよ9/22は郡司先生、渡部先生の指揮で本番です。とても楽しみです!

    broken image

    テノール歌手の前田ヒロミツ先生との練習でした

    2018.08.25

    8/25は四谷保健センターで渡部智也先生にご指導いただきました。
    ベートーヴェンの第九、須賀力也さんのレクイエム、ラフマニノフの晩祷では5番でテノールソロを歌ってくださる前田ヒロミツ先生と合わせ練習でした。澄んだテノールの美しい響きとアカペラ合唱での荘厳な音楽を感じながらの練習になりました!

    broken image

    郡司先生にご指導いただきました

    2018.07.28

    7/28は文京区男女平等センターで国内外の一流の舞台で活躍なさっている指揮者の郡司博先生にご指導いただきました。
    ベートーヴェンの第九について、初心者の多い私達にとても丁寧な楽曲解説をしていただき、続いて練習番号ごとに丁寧にさらっていただきました。その後、須賀力也さんのレクイエムをバスソロを歌う渡部智也先生と合わせながら楽曲づくりをしました。
    大変実りのある練習でした!

     

    郡司博先生

    http://www.enso-ka.com/gunji-hiroshi/

    broken image

    アルトに新しいメンバーをお迎えしました

    2018.07.21

    7/21は四谷保健センターで二期会で活躍なさっている渡部智也先生にご指導いただきました。発声練習をしたあと、ベートーヴェン第九、須賀力也レクイエム、ラフマニノフ晩祷(徹夜祷)の練習をしました。
    甘くなりがちな細かい子音の処理など、丁寧にご指導いただきました。
    また、見学に来てくださったアルトの方を新しい仲間にお迎えしました!とても嬉しいです!

    broken image

    「祈り~岩手県大船渡応援コンサート」

    2018.07.27

    私達が出演する演奏会のお知らせです!
    ぜひお誘いあわせのうえお越しください。
    お待ちしております。
    なお、コンサート収益と会場募金を大船渡市の2団体に寄付させていただきます。

     

    「祈り~岩手県大船渡応援コンサート」

    日時:2018年9月22日 
    13:30開場 14:00開演
    場所:神田キリスト教会

    須賀力哉「レクイエム(混声版初演)」
    指揮:郡司博
    バスソロ:渡部智也 
    ピアノ:越前佳織
    合唱:東京トリニティコール

     

    ラター「For the Beauty of the Earth」
    指揮:津上佳子
    ピアノ:越前佳織
    合唱:杜のうた・こども合唱団

     

    須賀力哉「ストーンマン」
    出演:土井尻明子 渡部智也

     

    ラフマニノフ「晩祷(抜粋)」
    指揮:渡部智也
    合唱:東京トリニティコール

     

    長澤勝俊「鹿踊りの始まり」
    指揮:渡部智也
    ピアノ:富松万里子 
    フルート:井馬佐紀子
    合唱:鹿踊りのはじまりを歌う会

     

    チルコット「ジャズミサ」
    指揮:渡部智也
    ピアノ:越前佳織
    合唱:11月5日にジャズミサを歌う合唱団

     

    全席自由:2,000円
    *コンサート収益と会場募金を大船渡市の2団体に寄付します

    主催:さんりく・大船渡ふるさと大使 土井尻明子

       音楽企画「マイスキーヴェーチェル」
    後援:大船渡市、FMねまらいん、認定 NPO 法人 おんがくの共同作業場

    チケット問い合わせ:
    音楽企画「マイスキーヴェーチェル」 mv-pro@live.jp
    認定 NPO 法人 おんがくの共同作業場 kammersaal http://gmaweb.net/Tel:042-522-3942

    る、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。

    broken image

    プロが歌う方法を教えていただきました

    2018.07.14

    7/14は雑司ヶ谷地域創造館で新国立劇場合唱団などで活躍なさっている立川かずさ先生にご指導いただきました。発声練習をしたあと、ベートーヴェン第九の練習をしました。
    発声はどうしたら豊かな声が出るか、プロとアマチュアの声の出し方や表情の作り方の違いを教えていただき、第九はひとつひとつ丁寧に全体をさらっていただきました。
    また、見学には先週に引き続きアルトにおふたり、バスにおひとりお迎えしました!「とても楽しかった!」とおっしゃっていただき、嬉しいです。

    サントリーホール

    サントリーホール オルガンコンサート

    2018.07.12

    本日はサントリーホールで行われたランチタイムオルガンプロムナードに伺いました。美しいパイプオルガンを堪能しました。12月は昨年デュリュフレのレクイエムで共演させて頂いた浅井美紀先生が出演なさるそうです!こちらも楽しみですね!
    #サントリーホール
    #オルガンコンサート
    #マルタン・グレゴリウス

    ハイドン

    ハイドン展

    2018.07.12

    本日はオーストリア大使館で行われたハイドン展に伺いました。エステルハージ家の代々の肖像画をはじめ、バッハのロ短調ミサやハイドンの天地創造の楽譜が展示されていました。
    #オーストリア大使館
    #ハイドン展

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    練習後は東京都合唱祭へ

    2018.07.07

    7/7は雑司ヶ谷地域創造館でヴォイストレーナー渡部智也先生でベートーヴェン第九、須賀力哉レクイエム、ラフマニノフ晩祷8番の練習をしました。
    第九はざざっと全体をにさらいました。正しい音程、正しい長さ、正しい歌詞、楽譜に書いてあることを忠実に誠実に再現する練習を行いました。

    また、見学には先週に引き続きアルトにおひとりお迎えしました!「とても楽しかった!」とおっしゃっていただき、嬉しいです。

    練習後は東京都合唱祭に伺いました!

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    新大久保ソプラノ会

    2018.06.30

    練習後に行われたソプラノ懇親会。

    サムギョプサルから何から、どれも美味しかったです!

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    たくさんの方が見学にお越しくださいました

    2018.06.30

    6/30は四谷保健センターでアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生でベートーヴェン第九、須賀力哉レクイエム、ラフマニノフ晩祷7番の練習をしました。
    第九はいかにも合唱らしいSeid unschlungen~のくだりと男声のマーチを中心にさらいました。ベートーヴェンの崇高な音楽に寄り添えるようがんばります。

    また、見学には先週に引き続きソプラノ、アルトに3名お迎えしました!練習はずいぶんゴリゴリと過酷な音取りや音楽づくりを行っているのですが、皆さん「とても楽しかった!」とおっしゃっていただき、嬉しいです。

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    アルトの方が見学にお越しくださいました

    2018.06.23

    6/23は雑司が谷地域創造館でヴォイストレーナー渡部智也先生でベートーヴェン第九、須賀力哉レクイエム、ラフマニノフ晩祷5,6,7,8番の練習をしました。
    今回初演となる須賀力哉さんのレクイエム。もともとは女声合唱用の曲でしたが、当団のために混声合唱用に書き下ろしていただきました。曲に命を吹き込む大切な役目を果たせるよう、精一杯練習を重ねます。

    また、見学にはアルトの方をお迎えしました!見学のきっかけは「webで検索したらすぐ上の方に出てきたから」とのこと。今後もこつこつwebサイトとFacebook、Twitterの更新をがんばります!

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    新しいバスのメンバーを迎えました

    2018.06.16

    6/16は雑司が谷地域創造館でヴォイストレーナー糸川絵美先生でベートーヴェン第九、ラフマニノフ晩祷5,7,8番の練習をしました。
    良く和音を聴き、高声が叫ばず(笑)、子音の揃え方に注意を払った丁寧な第九、アカペラの繊細さとロシア音楽らしい力強さが必要な晩祷。
    見学にいらしたバスの方が入団して下さり、ますますパワーアップしました!

    第九 晩祷 徹夜祷 レクイエム 混声 合唱 東京

    練習日記復活!

    2018.06.09

    6/9は四谷保健センターでヴォイストレーナー渡部智也先生でベートーヴェン第九、ラフマニノフ晩祷5,7,8番の練習をしました。先週の本番の熱気も冷めぬ中、多くの団員と見学者の方をお迎えし、活気ある練習になりました。第九も晩祷も、どちらも美しく繊細で、練習時間があっという間に過ぎてしまいました!

    broken image

    土の歌29回目&デュリュフレ30回目&晩祷23回目

    2017.08.28

    8/12 13:30-16:30
    芸術劇場 リハーサルルームLで、
    渡部智也先生の練習でした。

    曲目はデュルフレ4,6.7.8.9 土の歌3,4,6 フォーレレクイエム抜粋でした。
    フォーレは主催者である東京オラトリオ研究会様と合同で演奏いたします。指揮は右近大次郎先生。お忙しい中、練習に来てくださいました。

    フォーレのレクイエムは東京トリニティコールにとって、
    第一回演奏会で歌ったとても思い出深い曲です。
    それを初舞台(東京都合唱祭で弦楽四重奏と一緒にベートヴェン「悲歌」を歌いました)である新宿文化センター大ホールで歌う機会をいただき、本当にうれしく思います。

    午前中は渡部先生による個人レッスンも行い、
    的確なアドバイスをいただきました。
    今週は明日8/26 13:30-16:30四谷保健センターで、
    佐藤誠孝先生の練習です!楽しみです。

    broken image

    土の歌28回目&デュリュフレ29回目&晩祷22回目

    2017.08.18

    雑司が谷地域文化創造館第二練習室で、
    糸川絵美先生の練習でした。
    曲目はデュリュフレ6-9曲目と晩祷3,4曲目です。
    しばらくやらずにいてすっかり忘れた記憶を取り戻しました!

     

    午前中は糸川先生による個人レッスンも行い、
    的確なアドバイスをいただきました。

     

    今週は明日8/19 13:30-16:30芸術劇場リハーサルルームLで、

    渡部智也先生の練習です!楽しみです。

    broken image

    土の歌28回目&デュリュフレ28回目&晩祷21回目

    2017.8.11

    しばらくお休みしていた練習日記を再開いたします。

    8/413:30-16:30 四谷保健センターで渡部智也先生の練習でした。曲目はデュリュフレ全曲とフォーレ3曲、土の歌全曲、晩祷全曲です。何はともあれ全部通しました!曲によって合唱団の隊列を変えたり、変化のある練習になりました。
    午前中は個人とテノールパートのレッスンと、フォーレレクイエムの復習会も行いました。

    今週は明日8/12 13:30-16:30雑司が谷地域文化創造館第二練習室で糸川絵美先生の練習です!楽しみです。

    broken image

    土の歌14回目&デュリュフレ14回目&晩祷9回目

    2017.05.05

    先週はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の練習でした。

     

    まずは発声を見ていただいた後、デュリュフレ「レクイエム」のSanctus、Agnus Deiの復習をしました。どちらも静かな出だしで、ユニゾンや和声のアンサンブルが求められます。こちらをドレミで音を再確認しながら丁寧に進めました。

     

    その後、ラフマニノフ「晩祷」第三曲 悪人の謀に行かざる人は福なりと第四曲 聖にして福たる常生なる天の父の復習をしました。こちらも初心にかえってドレミで音を再確認しました。

     

    そのあと、晩祷の第三曲を使って、ロシア語の読み方講座をしていただきました。絵文字などで意外と日本に普及しているキリル文字。( ゚Д゚)のДなど、歌詞の中でもよく見かける文字です。こちらの見方や読み方(Д=D、ダー)をさらりと教えていただきました!

     

    今週はヴォイストレーナー渡部智也先生の練習です。

    楽しみです!

    broken image

    土の歌14回目&デュリュフレ13回目&晩祷8回目

    2017.04.27

    先週の午前中はヴォイストレーナー渡部智也先生のプライヴェート&パートグループレッスン、午後は全体練習でした。


    見学に2名もお越しいただき、ソプラノとバスに新しい仲間を迎えることができました!はじめての方、2回目の方、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

     

    午前中のボイトレは個人で見ていただくプライヴェートレッスンとパートごとのグループレッスン。プライヴェートレッスンでは練習曲や見てほしい曲を持ち寄り、息の流し方や歌い方を教えていただきました。

     

    パートごとのグループレッスンは今回はソプラノとアルト。各自発声を整えていただいた後、各パートで課題曲の練習に入りました。ソプラノはユニゾンを合わせるためにフォーレ「レクイエム」のPie Jesuを斉唱する練習をしました。アルトはアンサンブル力を高めるためにマスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」から日本語の歌詞をつけて編曲されたAve Mariaを練習しました。どちらもそれぞれ課題にあった発声を身につけるため繰り返し練習をしました。

     

    午後は全体練習。まずは軽く発声を見ていただいた後、デュリュフレ「レクイエム」IntroitとKyrie、Dmine Jesu Christeの復習をしました。グレゴリオ聖歌をモチーフに展開されているため、拍子がコロコロ変化するのですが、ゆっくりよく数えながら歌いました。

     

    その後、ラフマニノフ「晩祷」の第一曲から第四曲までをドレミでざっと復習しました。先ほどまでのカトリックの教会音楽から打って変わって、静まり返るような静謐なロシア正教の世界を感じることができました。

     

    最後に、佐藤眞「土の歌」の第四楽章・もぐらもちを練習しました。女声4声、男声3声とテノールソロに分かれて歌うこの曲は同声同士のアンサンブルが必須となります。まだまだ不慣れですが地道に頑張りたいと思います。

     

    練習後は新しいメンバーがたくさん増えたので懇親会を開催しました。おいしいスペインバルで30名ほどが集まりわいわいと楽しみました!これからもよろしくお願いします!

    今週はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の練習です。
    楽しみです。

    broken image

    土の歌13回目&デュリュフレ12回目&晩祷7回目

    2017.04.20

    先週の午後はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の全体練習でした。見学に6名もお越しいただき、ソプラノに新しい仲間を迎えることができました!はじめての方、2回目の方、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

     

    まずは軽く発声を見ていただいた後、ラフマニノフ「晩祷」の第四曲・聖にして福たる常生なる天の父の音とりを行いました。先週音取りをした箇所を復習した後、ロシアの雰囲気を味わうためふんわりと歌詞をつけてみました。


    この曲はバスが2つではなく3つにわかれ、バス1とバス3ではオクターブ以上離れる、低音が大活躍する曲ですが、歌詞がつくと途端にロシアの雰囲気がぐっと濃くなりました。

     

    その後、佐藤眞「土の歌」の第三楽章・死の灰を練習しました。静かで悲しいソプラノパートソロから始まるこの曲は、ゆっくりながらもfffからpppまでとダイナミックレンジが広く(ピアノ伴奏はffffzまで)、フレーズを歌いながら音量を操作できるよう歌う練習をしました。

     

    最後はデュリュフレ「レクイエム」KyrieとDmine Jesu Christeの復習をしました。グレゴリオ聖歌をモチーフに展開されるこの曲は、音域が割と高いため、よく狙いながら歌詞とフレージングを注意深く正しく歌う練習をしました。

    今週はヴォイストレーナー渡部智也先生の練習です。
    楽しみです。

    broken image

    土の歌12回目&デュリュフレ11回目&晩祷6回目

    2017.04.13

    先週の午後はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の全体練習でした。見学に5名もお越しいただき、活気のある練習になりました!お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

    まずは軽く発声を見ていただいた後、デュリュフレ「レクイエム」Kyrieの復習をしました。3拍子の男声の主旋律と対旋律から始まり、それを模倣した女声が追いかけ4声で歌います。音程と歌詞、フレージングとスラーを注意深く正しく歌う練習をしました。

    その後、ラフマニノフ「晩祷」の第四曲聖にして福たる常生なる天の父の音とりを行いました。この曲は低い低いバスが大活躍する曲。バスが2つではなく3つにわかれ、バス1とバス3ではオクターブ以上離れる、低音が大活躍する曲です。静かな曲の出だしから、曲が進むにつれて大きく盛り上がる曲です。バスの低音に聞きほれながらの練習になりました。

    最後は佐藤眞「土の歌」の第二楽章祖国の土を練習しました。行進曲調の中で、明確にリズムを刻みながらも、言葉が跳ねないように歌う練習をしました。

    練習の休憩中にはメンバーのヨーロッパ土産のレオニダスのチョコレートと、ウズベキスタン土産のチョコレート、それからメンバー全員分のレモンケーキを手作りしてくださり、みんなでおいしくいただきました!

    今週もアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の練習です。
    楽しみです。

    broken image

    土の歌11回目&デュリュフレ10回目

    2017.04.06

    先週の午前中はヴォイストレーナー渡部智也先生によるグループレッスン、午後は郡司博先生の全体練習でした。

     

    午前中は渡部先生のレッスン。今回はバスパート、テノールパートのグループレッスンでした。最初に一人ずつ発声の方向性を整えていただいた後、それぞれのパートで楽譜が配られました。*渡部先生のパートレッスンではパート内の音色を揃えるためにアンサンブルの実習があります。

     

    今回の課題曲はバスがシューベルト「菩提樹」、テノールがメンデルスゾーン「ひばり」でした。バスパートは縦の和音をきっちり作る曲でアンサンブル能力を高める練習、テノールは主旋律と対旋律が交互に入れ替わるけれども、どちらも対等に聴こえるよう発声と歌い方を整える練習を行いました。

     

    不思議なのは最初は多少なりともバラバラなのに、音取りをし、アンサンブルを繰り返すうちにどんどん声の音色がそろっていくことです。各パートのアンサンブルは午後の練習の休憩中に発表されました。どちらもとても素晴らしかったです。

     

    午後は合唱指揮者として大変著名な郡司博先生をお迎えしての練習でした。10月22日に賛助出演させていただく演奏会は東京オラトリオ研究会様主催演奏会。郡司先生はそちらの指導をなさっています。今回は、当団がいつもお世話になっているヴォイストレーナー渡部智也先生のご縁もあり、特別にご指導いただくことがかないました。

     

    最初に見ていただいたのはデュリュフレ「レクイエム」のIntroit。柔らかいオルガンの前奏とグレゴリオ聖歌で始まる優しく柔らかい曲です。柔らかい中に変拍子が入り混じり、きっちり表紙を数えていないとすぐオルガンとずれてしまいそうになります。郡司先生に基礎的な数え方から教えていただきました。その後、この曲をただなんとなくぼんやり美しいだけにしないように、丁寧に表現の仕方をご指導いただきました。

     

    その後、佐藤眞「土の歌」の第一楽章農夫と土と第七楽章大地讃頌を見ていただきました。当団で日本語の曲をプログラムで入れるのははじめてなので、日本語を歌うためにどうしたらよいかを教えていただきました。

     

    どの合唱団でも「日本語を合唱で表現するために、発音や発声はどうしたらいいか」という問題に必ずと言っていいほどぶつかると思います。というのも、主にヨーロッパの言語を歌うための西洋音楽と、日本語の発音は相いれないものがあるからです。それをどのように融合させるか、ヒントをいただきました。

     

    3時間があっという間の練習でした!
    とても勉強になり、充実した練習となりました。

    次回はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の練習です。
    楽しみです。

    broken image

    土の歌10回目&デュリュフレ9回目&晩祷5回目

    2017.03.30

    先週の午前中はヴォイストレーナー糸川絵美先生の個人&ソプラノパートグループレッスン、午後はアンサンブルトレーナー佐藤誠孝先生の全体練習でした。見学の方も4名お越しになり、アルトに新しい仲間をお迎えできましたこと、とてもうれしく思います。

     

    午前中は発声を中心にしたレッスン。腹式呼吸100%を掲げ、理論と実践で丁寧にご指導いただきました。グループレッスンでは、時間が経つごとに発声の方向がそろい、声が整いました。

     

    午後は全体練習。最初に発声を行った後、まずはデュリュフレ「レクイエム」のIn paradisumの音取りを行いました。終曲はソプラノのグレゴリオ聖歌斉唱で始まるたいへん静かな曲。美しいオルガンの前奏からレクイエムのグレゴリオ聖歌で始まり、このIn paradisumで幕を閉じます。これでデュリュフレは全体をさらっと音取りしました。これから10月の本番に向けて丁寧にみていきます。

     

    そのあと、ラフマニノフ「晩祷」第三曲 悪人の謀に行かざる人は福なりの音取りと復習をしました。アルトとテノールが先唱して歌いついで行く第三曲はアルトとテノールの美しい内声の響きが中心で構成されています。音取りはドレミで行うのですが、最後に通すとき、繰り返しで歌う「アリルイヤ(ハレルヤ)」の部分だけ歌詞で歌うと、その部分だけ生き生きとした独特の雰囲気が出て、歌詞の力を改めて感じました。

     

    最後は佐藤眞「土の歌」第五楽章天地の怒りを復習しました。日本語のニュアンスと楽曲の激しさで発声が破たんしそうになるのをぐっとこらえ、あくまでも歌唱を貫く技術が必要な曲。こちらも地道に努力を重ねていきたいです。

     

    今週は合唱指揮者郡司博先生にご指導いただきます。
    楽しみです!